キトー君は危険

キトー君

キトー君は危険なのか徹底解説!

キトー君を使って真性包茎やカントン包茎を解消したいけど危険ではないのか・・・と気になっている方も多いのではないでしょうか?

真性包茎やカントン包茎を解消できても亀頭が傷ついてしまったら・・・と考えただけでも恐怖してしまいますよね。

こちらでは、キトー君が危険なのか解説していますので興味のある方はご覧ください。

 

キトー君の口コミはこちら

 

手でムケル仮性包茎はともかく、真性包茎とカントン包茎は一般的に手術が必要です。

ただ、手術の場合には恥ずかしいという精神的な問題の他に、現実に後遺症などの危険性も存在しています。

また、手術後しばらくは風呂に入れなかったり、性生活の制限などの、危険性以外の問題もあります。

恥ずかしい上に手術しても危険性まであるとなると、なかなか包茎手術に踏み切れないという人がいて不思議ではありません。

こうなってくると、手術なしに真性包茎やカントン包茎をなんとか解決出来ないかと思い悩むこともあるでしょう。

そんなあなたには、是非キトー君という包茎矯正器具をオススメしたいと思います。

キトー君は危険ではなない?

キトー君は危険

実際に使用しましたがキトー君は危険ではありません。それどころかオススメなんです。

キトー君をオススメするのは、ズバリ、説明通り使っていれば危険性が皆無だからです。

キトー君による、危険なしの真正・カントン包茎解消の流れは以下の通りになります。

  1. 亀頭を覆う包皮の入り口部分にキトー君の先端部分を挿入し、皮が伸びる限界の80%近くまで伸ばして30分維持する。
  2. これを午前と午後の2回に分けてそれぞれ30分ずつ行い、2週間程継続して行う。
  3. 最終的に、亀頭を覆っていた包皮が拡張し柔軟性を持つことで、亀頭が自然とムケるようになる

この流れは、本来の成長期に起こる、亀頭の成長とそれにともなう包皮の拡張伸長による包茎解消を、キトー君を使って2週間という短期間に行うだけで、プロセスは全く自然な包茎解消と同じです。

つまり、キトー君という包茎矯正器具により、自然な包茎解消を短縮出来るというだけですので、キトー君による包茎矯正は危険性が皆無なのです。

危険ではないけどキトー君使用時に注意すべきこと

キトー君で注意すべき事とは

普通にやれば危険性がないとは言え、キトー君の使用時に注意すべきことがないわけではありません。

間違った使用方法によっては、キトー君でも危険が生じることもあり得るので注意する必要はあります。

幾つか危険な使用方法の事例を挙げてみましょう。

キトー君自体を清潔にする

キトー君を清潔に保つ

キトー君は包皮部分に挿入して使用するので、キトー君を不潔な状態にしていると、粘膜である陰茎が感染症を起こしたりする可能性もあります。

特に包茎の場合、包皮内部は細菌などが繁殖していることも多く、キトー君使用後に放置したまま再使用すると、感染症などの危険な病気の原因に特になりやすいので、一度使用したら必ず殺菌を行いましょう。

伸ばしすぎない

キトー君で皮を伸ばし過ぎない

説明では、包皮が伸びる限界の80%程度までキトー君を使用することとなっています。

ただ、早期に包茎を解決しようと無理をすれば、包皮にダメージが及ぶ危険性があります。

更に、包茎の包皮ですから細菌によって傷口から感染症を引き起こす危険性もあり絶対に無理するのはやめましょう。

力いっぱいや無理やり使わない

デリケートな部分の亀頭付近の皮を伸ばすので、力いっぱいや無理やりキトー君を使う事は避けましょう。

皮が剥けても亀頭に傷がついてしまっては、意味がありません。

使う際は、細心の注意を払いながらキトー君で皮を伸ばすことが重要です。

まとめ:キトー君は危険なのか?

キトー君は、多少時間はかかるものの、手術と違って危険性なく真性包茎やカントン包茎を解決出来る。

ただし、清潔な状態で無理なく使用しないと感染症などの危険性がないわけではない。

皆さんもきちんと説明書通りに使用して、危険なしに真正包茎を解決しましょう。

 

さらにキトー君についてチェックしてみたい方は、口コミやキトー君情報を紹介していますので興味のある方はご覧くださいね。

キトー君の口コミはこちら

 

-キトー君

© 2023 【画像あり】キトー君の口コミ!真性包茎やカントンに効果ない? Powered by AFFINGER5